2017年12月09日

付録がすごい


私が万年筆好きであることは、このブログでたびたび書いてきた。
そんな私が今朝新聞を読んでいると、えらい広告が目に飛び込んできた。オヤジ向け月刊誌の『サライ』1月号を買うと、漏れなく太軸万年筆がついてくるというのである。雑誌の値段は1000円でお釣りがくる。それに本格的な万年筆がついてくるというのだから、どんな仕組みになっているのかと思うのだが、そんなことはともかく、久々にリアル書店に走って『サライ』を買ってきた。

帰宅してさっそく付録のパッケージを開けると、葛飾北斎デザインの小紋柄をあしらった「北斎ブルー」の万年筆が確かに入っている。いかにも中高年読者の好みそうな姿形をしていて、実に心憎い。
ここ数年、女性誌を中心に豪華付録が話題になっているが、いよいよオヤジ雑誌の世界にもその波が押し寄せてきたようである。ちなみに、『大人の科学マガジン』という雑誌を買うと、小さな活版印刷機がついてくるという。値段は4000円弱と少々高めだが、こちらも買う気満々である。


北斎万年筆.jpg


posted by ギャンブラー at 14:53| Comment(1) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする