2017年06月14日

人生の意味


久し振りに「これは」と思う人生相談が読売新聞に載っていた。まずは相談内容を読んでもらいたい。

 30代の主婦。夫と2人暮らしです。退屈で価値のない人生を送っています。
 スーパーに行ったり、ご飯を食べたり、お風呂に入ったりして、寝るだけの日々です。昔から時間に追われることが苦手な私が、時間を持て余しています。趣味はありますが、それすら面倒になってきました。
 これといった目標もありません。息が止まるその日まで生きるのみという感じです。せっかくこの世に産んでもらったのに、親に申し訳ない気持ちです。
 周りからは、こんな陰気くさい考えを持っているとは思われないでしょう。外見で困ったことはなく、おしゃれも好きですから。
 夜になると、気持ちが少し楽になります。やっと1日が終わるからです。「明けない夜はない」などと言いますが、このまま明けなくてもいいのだけれどと思ってしまいます。努力は裏切らないと聞きますが、無駄な努力はあると思います。


突っ込みどころはたくさんある。おそらく専業主婦で、何不自由なく暮らしていて、容姿にもそこそこ自信のあるアラサー女性。そんな女が、「人生が退屈で価値を感じられない」と嘆いている。ほとんどの人は一読するなり「ばかばかしい」、大阪人なら「アホくさ!」の一言で切って捨てるだろう。

しかし、そう言って済ませてしまうほど、この相談内容の底は浅くない、と私は思う。彼女は自らの生活を「スーパーに行ったり、ご飯を食べたり、お風呂に入ったりして、寝るだけの日々」というが、そこに「仕事をしたり」を加えれば、ほとんどの人に当てはまるのではないか。そんな毎日を、価値があって、キラキラと輝いていて、明日がくるのが待ち遠しいと感じている人はどれだけいるか。むしろ、「こんな人生に何の意味があるのか」「いつまでこんな暮らしを続けていけばいいのか」と、口に出さないまでも心の奥底でつぶやいている人は決して少なくないと思われる。つまり、彼女の悩みは現代人、とりわけ先進国に住む人々が漠然と感じている、底なしの虚無感につながっている。

現代人は自意識過剰だから、人間一人ひとりの存在、とりわけ自身の存在はかけがえのないものだと思っている。SMAPの『世界に一つだけの花』に歌われている“only one”の呪文にみんな捕われているのだ。でも実際は、この世界にとって人間一人の存在など何の意味もない。投げやりな気持ちや無常観からそんなことを言っているのではない。それが自然界を貫く冷徹な事実であり、他の生き物と違って人間は特別な存在だという考え方は単なる思い上がりに過ぎない。自分がいなくなった世界を思い浮かべてみても、ごく小さなさざ波がごく限られた範囲に生じるくらいで、すぐに何事もなかったかのように時が過ぎていくだろう。
そのことを本能的に知っていてもなお、「自分の人生にはどんな意味があるのか」と問い続けるのが、現代人の宿痾である。どんなに問うてもそこに答えなどないのだが、それでも答えを得たいと願う心に無理が生じて孔があき、そこから血が滴り落ちる。その一滴がこの人生相談となって現われたのではなかろうか。

この相談に対する私の答えは以下の一文に尽きる。

「そう、あなたの人生には何の意味もなければ価値もありません。あなただけでなくすべてのホモ・サピエンスは、この宇宙にとって、いてもいなくてもどうでもいい存在なのです。自分の人生に意味を感じたければ、余計なことは考えずに、「意味がある」「価値がある」と自己暗示をかけるよりほかありません。それができないなら、このまま意味もなく生きていくしかないんだと覚悟を決めて下さい。」

さすがにこれでは回答にならないから、より実践的なアドバイスをすると、次のようになる。

「人生に意味と価値を感じたければ、子供を産みなさい。そうすれば、子育てに追いまくられて、人生の意味や価値などについて考える暇もなくなるでしょう。あるいは、子供こそ価値ある存在であり、それを育てることに我が人生の意味がある、と気づくかもしれない。子供が巣立ったとき、再び虚無に襲われるでしょうが、そのときはすでに老い先が短くなっていますから、たいして苦しむことなくあの世にいけるでしょう。」

あぁ、やっぱりこれじゃ人生相談の回答者にはなれそうにないなぁ。


posted by ギャンブラー at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手に人生相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする