2019年03月30日

春だったね



冷たい空気の中にも万物の芽吹きを感じるこの季節になると、この曲が聞きたくなる。毎年聞いても、何度聞いても、聞き飽きることがない。はるか昔に過ぎ去った青春時代への感傷であることはもちろんわかっている。わかっていて、それでも聞きたくなる。歌詞は以下の通りである。

僕を忘れた頃に
君を忘れられない
そんな僕の手紙がつく
くもりガラスの窓をたたいて
君の時計をとめてみたい
あゝ僕の時計はあの時のまま
風に吹きあげられたほこりの中
二人の声も消えてしまった
あゝあれは春だったね

僕が思い出になる頃に
君を思い出にできない
そんな僕の手紙がつく
風に揺れるタンポポをそえて
君の涙をふいてあげたい
あゝ僕の涙はあの時のまま
広い河原の土手の上を
ふり返りながら走った
あゝあれは春だったね

ここには、平成J-POPの定番である「桜舞い散る」や「きっと」「ずっと」などという、耳に心地よいけれど空疎な言葉はない。それどころか、「風に吹きあげられたほこり」だったり、「河原の土手の上」という、なんとも無粋な言葉が平然と並んでいる。しかし、そのふてぶてしいような野性味が、平成のお子ちゃま向けの歌にはない昭和=拓郎の歌の生命力であり、魅力である。

……とまあ、そんなに力み返らなくてもいいか。こんな歌を聞いて大人になった世代であることに感謝しつつ、もう一度聞こう。

posted by ギャンブラー at 23:39| Comment(2) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする