2019年06月01日

懲りない奴


先週のダービーは、いっそ清々しいほどの負けっぷりだった。あの日は自分への怒りに任せて、買うつもりのなかった目黒記念に参戦。3−5一点の馬連とワイドに有り金を叩き込んだ・・・というほどではないが、拝観料程度のおゼゼを納めた。結果は2着3着のワイド馬券が当たり、なんとかダービーのうっぷんを晴らすことができた次第。
これでやめておけばいいものを、G1の安田記念ならやらずばなるまいと、今週もいそいそと馬柱を眺めている。

とはいえ、二強はかなり強い。普通に一周してくればどちらかが勝つだろう。というわけで、3着を当てるレースと見る。しかし、これが極めて難解で、何が突っ込んできても驚かない。10回走れば、10回とも3着馬が入れ替わるのではないか。

◎は、サングレーザー。前走のG1大阪杯は香港帰りかつ休み明け。気にしなくていいだろう。それを除けば、G2の札幌記念を勝ち、秋の天皇賞がレイデオロの2着という戦績は大いに胸を張れる。複勝と、2強への馬連で。

それにしても、レコードはもういいから、歴史的名牝のアーモンドアイがケガなく走り切ることを願う。

posted by ギャンブラー at 22:28| Comment(0) | 競馬敗戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする