2020年05月30日

言葉の虐殺

ある新聞が、アベさんは空虚な答弁を性懲りもなく続けたことで言葉を虐殺し、今その逆襲を受けていると評していた。最近の新聞記事は官報の垂れ流しでロクなものがないと思っている私にとって、久々に読み応えのある記事であった。

「全ての責任は私にある」「躊躇なくやり抜く」「積極果敢に取り組む」「スピード感を持って着手する」というさんざん聞き飽きた、実行を伴わない空虚な常套句をはじめ、最近の会見では「空前絶後の経済対策」「新型コロナを克服した日本モデル」など、何の根拠もない言葉を乱発している。あの会見を聞いて「そうか、そうだよな。何やかや言っても日本人ってすごいな」と感じ入った人がいたとしたら、よほどおめでたい人だと言わざるを得ない。

例えばアベさんが胸を張る「日本モデル」。そもそも我が国は、こんな言葉を使えるほど新型コロナに対してうまく対処したのだろうか。発熱しても4日間以上放置され、それでも検査を受けられなかったり、診療拒否をされる国。少し負荷がかかっただけで機能麻痺に陥る貧弱な保健所や医療機関。防疫の基本である防護服や高機能マスクがすぐ底をついて医療従事者がパニックに陥る国。このIT時代に役所の多くが未だにFAXに頼っている国。これらのどこが誇れるのか。

「日本モデル」の根拠となっている、外国に比べて圧倒的に少ない感染者数と死亡者数も同じだ。そもそも検査をしていないのだから感染者数が少ないのは当然として、10万人あたりの死者数も、欧米諸国に比べれば確かに少ないが、東アジアおよび東南アジア各国と比べれば、決して少なくはない。むしろかなり多いと言ってもいいレベルだ。私は、厚労省や都が毎日発表している新規感染者数には全く興味はないが、死亡者数には気をつけている。それを見ると、毎日かなりの数の人が新型コロナで亡くなっている。つい1ヵ月前まで500名前後だったのが、あっという間に900名に近づき、もうすぐ1000の大台に乗るだろう。決して安閑としていられる状況ではないのである。
また、死者が少ないのは、日本人の清潔好きと高い公共心、そして高度な医療体制によるものだという論調が世間に流布しているが、私は全くそうは思わない。日本より衛生状態が悪く、医療体制も日本ほど高くないのに日本より死者が少ないアジアの国はある。だから、清潔さや医療レベルの高さだけが死者数を抑えている理由とはいえない。アジア・オセアニアで死者数が少ない理由については、今のところ専門家も首をひねっている状態で、少なくとも「日本モデル」とやらが理由でないことは明らかだ。

こんなことを言うと、「なぜそんなに自虐的なものの見方をするのか」という人が必ず現われる。何も自虐的に見ているわけではなく、私が見ているのは「ファクト=事実」である。不誠実でアテにならない政治家の言葉、それを垂れ流すマスコミに惑わされず、信じるのはファクトだけ。それしか身を守る術はない。「言霊の国」に住む者としては、淋しい限りではあるが。


続きを読む
posted by ギャンブラー at 16:53| Comment(4) | 口は災いのもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

損な性分

ここ数年、私が忌み嫌ってきたものが二つある。

一つは、東京オリンピック。このブログでも、開催地が東京に決まったとき、喜ぶのは建設業界(下品な言葉で言うと土建屋)とスポーツ至上主義者(同じく下品な言葉で言うとスポーツバカ)だけだと毒づいてきた。その思いは今も全く変わらない。

折しも新型コロナウイルスの感染拡大によって、東京オリンピックの弊害が改めて顕在化した。というのも、当初、我が国はオリンピックをなんとか開催しようと、姑息にも感染者数を低く見積もるためにPCR検査を受けづらくしたのである。機を見るに敏なだけが取り柄の小池都知事もそれに乗っかって、検査体制と医療体制の整備・充実を怠った。途中からオリンピックどころではないという事態になったとき、普通なら、早期発見・早期治療ができる医療体制の構築に舵を切るはずである。ところが、諫早湾の埋め立てや八ッ場ダムの例でもわかるように、我が国の官僚組織は、一旦決めたことを絶対に軌道修正しようとしない。これは戦前の大本営の時代から続く宿痾である。そうした状況の変化に目を閉ざす体質が、必ず悲惨な結果を生むことは歴史が証明している。
この3ヵ月間、首都圏を中心に「PCR難民」が続出し、「なぜ世界で日本だけこんなにPCR検査数が少ないのか」という怨嗟の声が市中に満ち満ちた。その声に対して、政治家や感染症の専門家集団は、口では増やすと言いつつ、一方で「PCR検査数を増やすだけが能ではない」と陰で言い続けてきた。
おそらく彼らは勘違いしているのだ。国民は検査数なんかどうでもいいのである。自分や家族が発熱して体調がすぐれないとき、すぐ検査を受けられ、もし陽性で重症化したとき、速やかに治療を受けられる体制を望んでいるだけである。その一点さえ保証されれば、外国に比べて検査数が多かろうと少なかろうと気にならないし、外出自粛要請などの不自由な生活も甘んじて受け入れられる。
だから政府は、早期発見・早期治療のためにヒト・モノ・カネを集中することに全力を傾けるべきだったのだ。ところが、出てきた施策らしい施策はアベノマスクだけである。こんな体たらくでは、次に感染の第二波が襲来したときも、検査体制と医療体制はこれまでとさほど変わらないと覚悟すべきだろう。

もう一つは、いかに日本と日本人が有能で素晴らしいかを過剰に演出するテレビ番組だ。そんな番組を目にするや否や、私はすぐチャンネルを切り替える。恥ずかしくて見ていられないからである。そもそも、心ある人は自分からしゃしゃり出たりしないものだ。反対に下品で自らに自信のない人間は「オレってすごいでしょ」と自分をやたらにアピールしようとする。
その化けの皮を引っぺがしたのも、やはり新型コロナウイルスだ。国民の選良である首相と大臣、東大出のベスト&ブライテスト≠ネ官僚、のはずなのに、やることなすこと全てノロマで頓珍漢で、実はかなり頭が悪く、実務能力にも劣ることが白日のもとにさらされてしまった。それが今の日本の真の姿であり、実力なのだ。その悲しい現実に向き合うことなしに日本の再生はない。能天気なテレビ番組を見て、「日本人って有能だなぁ」とか「日本って素晴らしい」などと自己満足にひたっている場合ではないのである。

感染症のパンデミックに対する不安と恐怖に加えて、こんな心配までしなくてはならないとは、私もつくづく損な性分に生まれたものである。


続きを読む
posted by ギャンブラー at 17:01| Comment(0) | 口は災いのもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

自家製


新型コロナウイルスをめぐる政府の対応については、言いたいことがたくさんある。そこをグッとこらえて、自家製ベーコンづくりに励む今年のゴールデンウイークである。

本来ベーコンは、豚肉をソミュール液という塩水に1週間ほど漬け、その後1〜2日かけて塩抜きし、さらに1日かけて乾燥させ、ようやく燻製・・・というように、実に手間のかかる料理である。さすがにそんな悠長なことはやっていられないので、ソミュール液に漬けるかわり、肉に塩をまぶして浸透圧で旨味を凝縮する方法をとることにした。それでも1週間ほどかかるのだが。

約1キロの豚三枚肉を買ってきて、フォークでぶすぶすと穴を開ける。そこに粗塩とコショウを揉み込み、キッチンペーパーでくるむ。さらにそれをラップで包み、冷蔵庫で4日ほど寝かす。この間に塩が肉の内部に入り込み、余分な肉汁はキッチンペーパーに吸着する。こうなると肉は腐敗せず、ピンク色のままだ。
その後、肉を取り出して表面を水でよく洗って塩を落とす。こうしないと塩っぱすぎて食べられないのである。それをまたキッチンペーパーにくるみ、冷蔵庫で2日ほど寝かす。これは肉についた水分をとるためで、冬ならベランダで1日陰干しすればいいだろう。そしてようやく、燻製器で1〜2時間燻す。今回は桜のチップを使った。

自家製ベーコン.jpg

ベーコンエッグ.jpg

ベーコンエッグにして食べてみると、香ばしく焦げた木の匂いが鼻腔に充満し、肉は適度に脂が乗ってジューシーである。実にうまい。パンに挟んだり、チャーハンの具にしたり、野菜炒めに使ったりと、使い道はいろいろありそうだ。

この肉を食らって、想定外の世を渋太く生き抜いていこう。

posted by ギャンブラー at 19:06| Comment(2) | 男子厨房に入る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする