2015年11月08日

酒なくして

酒を一切飲まなくなって5年以上になる。酒席で乾杯のときにコップに半分ほど注いだビールを口にすることはあるが、それ以外はアルコールに縁のない生活を続けている。ありがたいのは、酒を飲めない旨を伝えると誰も無理強いしないことだ。昔ならこうはいかなかっただろう。
とはいえ酒席で何も飲まないわけにはいかないから、ノンアルコールビールを頼んでいたが、あれはまずい。大手ビールメーカーがどんなに宣伝しようと、あんなものは「ビール」の名に値しない。そこで最近はウーロン茶でごまかしている。

酒は飲まなくなったが、酒が嫌いになったわけではない。でも、飲まずにいられないというほどのことはない。杜甫のような「酒なくして何の人生ぞ」というほどの酒好きではないということだろう。
そのせいか、最近はバーからめっきり足が遠のいている。30歳代の頃は連日通い詰めたものだが、ここ数ヵ月、足を向けたことがない。その代替反応かどうか、テレビでバーや飲食店を紹介する番組をよく見ている。とはいえ、カネにあかせた芸能人御用達の隠れ家紹介や、ただひたすら大量に食べまくる下品な番組に興味はない。私がよく見ているのは「孤独のグルメ」と「BER レモン・ハート」。前者は人気シリーズだから今さら言うまでもないだろう。後者は、通好みのマンガをドラマ化したもので、この10月から始まった。レモンハートはラム酒の銘柄で、ダークラムは私も好きな酒の一つだった。
配役が渋くて、バーのマスターは中村梅雀。この名優がいい味を出している。セットも本物のバーを使っているかのように雰囲気があり、いかにもバー好きの美術さんが凝りに凝ったと思わせる造作である。言葉で説明するより、第1話が無料で見られるから実物を目にしていただくほうが早いだろう。もっとも、ここで描かれている若きバーテンダーのような態度は、実際にはあり得ない。それが唯一の不満だが、それ以外はバーの魅力がよく描かれていて、ケチをつけるところがない。

最近は「家飲み」とかで、バーで名酒を楽しむという豊穣の時間の過ごし方を知らない人が増えているそうだ。もったいないことである。


競馬はサッパリで当たる気がしないが、ま、買い続けるしかないのが悲しい性である。
アルゼンチン共和国杯は、スーパームーン・ゴールドアクターが本線。
みやこステークスは、カゼノコ・クリノスターオーが本線。
サラリーマン穴党のこと、どちらが軸かは言わずもがなだろう。
posted by ギャンブラー at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 暗くて心地よい場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中村梅雀と聞いただけで面白そうですね。
先日、初めて孤独のグルメを観てみましたが、とてもよかった。
これからずっと観そうです。
吉田類さんの有名番組は観ていないのですか?

私も勤め人を辞めて以来、すっかり夜の街にはご無沙汰ですが
思い返すと、よくもあれだけお付き合いがあったものだと・・;
一生分の酒を飲んでしまったのではないでしょうか(笑
今は、一人で350CCの、まずいビールをもてあましています(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2015年11月13日 09:07
マロニエのこみちさん。
もちろん吉田類の「酒場放浪記」は知っていますが、今の私にとっては危険な番組です。フィクションが入った「孤独のグルメ」やフィクションそのものの「レモン・ハート」と違って、この番組はルポですから、生々しすぎるんですね。そこで紹介されている酒と肴を見ていると、思わず居酒屋にすっ飛んで行きたくなって、それは私にとっては命取りになりかねません(笑)。

というわけで、今夜も「孤独のグルメ」を見てから寝ようっと。
Posted by ギャンブラー at 2015年11月13日 21:41
体質に合わなくて一滴も飲めない身にとっては、すすきのというパラダイスが近所にあったのにもったいないOL生活でした。
最近高校時代の友人(男)から岐阜に出張で行くので夕食つきあって・・・というラインが入りましたが、岐阜の夜の街に縁のない私にどこを案内しろというのでしょう。美川憲一で有名な「柳ケ瀬」は今はシャッター街に成り果てています。地元民に聞いてディープな店を探さないとなりませんが、それより当時好きだった同級生なのでエステに行って痩せてみせる洋服の調達の方が忙しいですわ。
深夜番組は「久保みねヒャダ」「ゴロウデラックス」と名古屋の喫茶店を舞台にした3人兄弟のドラマにはまっています。これってローカル?
Posted by ブルーなビッグママ at 2015年11月16日 23:55
ブルーなビッグママさん。遅ればせながら、ご母堂のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

マロニエのこみちさんによりますと「ロシア人のように大柄で美形の女性」であるブルーなビッグママさんがお酒を一滴も飲めないとは、世の中皮肉ですねぇ。
そんなことより、グラマラスなブルーなビッグママさんがこれ以上ナイスバディになったら、高校時代の男友達には目の毒で、きっとクラクラしますよ(笑)。ほどほどにしてあげてください。

ここにあげてもらった深夜番組、残念ながら全く知りませんです、はい。
Posted by ギャンブラー at 2015年11月18日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック