2019年01月05日

奇跡の書

年末年始は主に読書をして過ごした。いろいろ文句はつけるものの、私は基本的にテレビが好きなのだが、さすがに昨今の年末年始番組はマンネリの極致で、見ようという気がてんで起こらない。

人通りの絶えた街路、その一角に建つマンションの静かな部屋で、ホットカーペットに寝転びながら読んだのは、山田風太郎の『八犬傳』。これはご存知、江戸後期の戯作者・滝沢馬琴の『南総里見八犬傳』のリメイク版だが、山田風太郎だけにただのリメイクではない。全98巻、106冊という常識はずれの伝奇小説のエッセンスを新たに小説に仕立てながら、それを書いていた頃の馬琴の暮らしぶりを小説と交互に描写するという、斬新な趣向を凝らしている。これによって、おそらく全巻を読破した人は皆無と思われる『南総里見八犬傳』を楽しめるとともに、世界で初めて作家(戯作者)という職業を確立した馬琴の人柄を知ることができる。

それにしても、滝沢馬琴という人物は、ある種の怪物である。性格は謹厳実直で完璧主義者、さらに粘着気質。困ったことに、それを家族を含め他人にも要求するため、対人関係でいつもトラブルを抱えている。
どれだけ完璧主義かつ粘着質かというと、毎日のお金の出入りから始まって、天候、出来事を実に事細かに記しているのだ。例えばこんな調子である。「沢庵漬け三樽、内一番は当座食六十本、ぬか三升塩一升八合。二番は百本、ぬか五升、塩六升八合、三番は八十本、ぬか三升塩六升五合、右三樽、お百お路(妻と息子の嫁の名前)両人にて漬け終わる。残り四十本はぬかみそに入る」。天候も一刻(約二時間)ごとの変化を記す。これを毎日欠かすことなく続けるのである。『南総里見八犬傳』にしても、物語だけをとれば10分の1程度で済むのに、合間合間に注釈や説教が長々と入る。そのため、完成までに28年もかかっている。これほどの粘着気質の人物は古今東西を探してもいないのではないか。

そんな人物がなぜ八犬傳のような奇想天外な物語を思いつくのか。友人として登場する葛飾北斎も首をひねり、山田風太郎は「奇跡としか言いようがない」と書いている。同時に、滝沢馬琴は「作話症」というある種の精神病ではなかったかと推論している。
何はともあれ、この『八犬傳』は実に面白い。種本の『南総里見八犬傳』に至っては、今の出来のいいファンタジー小説と比べても何ら遜色がないばかりか、着想そのものは現代作家を軽々と凌駕している。1800年前期にすでにこんな物語を書いた作家がいたという事実に、ただただびっくりすると同時に、日本人の端くれとして誇らしく思うのは私だけではないだろう。ぜひご一読を。


posted by ギャンブラー at 12:41| Comment(2) | 活字の楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南総里見八犬伝、高校の時に図書室で借りて数巻で挫折しましたよ。ふり仮名が多くて目を細めてみると太い線(本文)と細い線(ふり仮名)の縦じまみたいに見えた記憶があります。
私は「新・八犬伝」(石山透・NHK人形劇のノベライズ)でなじんでいたので、原作はあまりにバタバタと登場人物が死んでしまうのでビックリしました。

しかしその粘着質な事細かな記録は貴重な文化史ですね。存外庶民の生活は記録に残りませんもの。
Posted by たま@ at 2019年01月07日 16:57
たま@さん、今年もよろしく。それにしても、休暇のなんと足早に過ぎ去ることよ、ですね。

これだけ八犬伝が普及しているのは、やはり人形劇のお陰でしょうね。私も、小説は1行たりとも読んだことがありませんが、話の粗筋は何となく知っていますから。

山田風太郎のこの小説を読むと、あれだけ家族からも嫌われていた馬琴が、盲目になった後、早世した息子の嫁のお路の献身で口述筆記するくだりにホロリとさせられます。当初はひらがなしか書けなかったお路が、あの難解な漢字だらけの文章を1字ずつ書いたんだと思うと、馬琴より無名のお路の方が偉い!と思ってしまいます。
そういうことを初めて知ることができたという点でも、読んだ甲斐がありました。
Posted by ギャンブラー at 2019年01月07日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。