2019年05月25日

じり貧ニッポン


ある経済界の重鎮が、「平成の時代の日本は負け戦の連続だった」と言ったそうだ。確かに、液晶テレビも半導体も中国や台湾、韓国のメーカーにやられて壊滅してしまった。その間、日本のメーカーが勤しんでいたのは、国内市場だけを見たガラパゴス機能を付け加えることだけで、それを尻目に、アップルはiPhoneを生み出し、ダイソンは画期的な掃除機や扇風機を開発した。ドローンも、今や世界で圧倒的なシェアを誇っているのは中国メーカーである。もっと悲惨なのはAIに代表されるIT業界で、日本は世界から周回遅れどころか2周も3周も引き離されているそうだ。

それなのに、「日本のモノづくりは世界一だ!」と信じて疑わない日本人が今も非常に多い。「iPhoneたって、日本製の部品がなければ動かないんだぜ」とか「ファーウェイのスマホは日本から輸出した部品で成り立っているのを知ってるか」などと胸を張る人が少なくない。部材供給メーカーなんて、客から無理難題を吹っかけられて右往左往しているのが実態だし、後発メーカーが出てきた途端、買い叩かれる運命にあるのに・・・。

テレビでは毎日のように、日本のモノづくりや伝統を礼賛する外国人を日本に呼んで悦に入る番組が放映されている。もはや痛々しいというしかない。現実を見れば、日本最大の企業・トヨタでさえ、時価総額では世界で20位にも入っていないのだ。
かつて日本人は、外国との比較で自分たちが劣っていると感じたとき、知恵を絞り、しゃにむに努力することで難局を切り開いてきた。そんな気概が今の日本人にあるのだろうか。外国人のおべんちゃらにニタニタ笑っているような状況ではないのである。

それは私の馬券生活にも当てはまる。先週のオークスではカレンブーケドールの複勝をやっとこさ当てたが、一番人気馬との馬連は持っていなかった。250倍もついたのに・・・。じり貧とはこういうことを言う。

さて、ダービーである。基本的に堅いレースだが、昨年はコズミックフォースの複勝を当てた。なんと30倍以上もついた。複勝でこんな高配当はめったに出ない。あれ? いつの間にかオレも過去の栄光に酔ってばかりで現実を見ようとしない、情けない存在に成り果ててしまったのか。

◎は、サトノルークス。惨敗した皐月賞は忘れよう。なんと言っても、堂々の3連勝馬なのである。大舞台でアッと言わせることの多い池添の一発に期待する。複勝で。


と、ここまで書いて一夜明けた今、再び迷いが生じている。

予想の段階で気になったのが、人気馬以外では、クラージュゲリエとアドマイヤジャスタ。
前者は皐月賞で◎を打ち、14番人気ながら5着と大健闘した。もう一度この馬に賭けてみようと思ったのである。
後者は、暮のホープフルSでサートゥルナーリアの2着にきた馬である。その後はぱっとしないが、もう少し人気になってもいいのではないか。すでにサトノルークスの馬券は買ってしまったから、これらの馬を買い足すかどうか、迷いに迷っているのである。

もっとも、こんなに予想がふらついている場合は、過去の経験から人気馬同士のワン・ツーで決着する可能性が非常に高い。だからこれから馬券を買おうという人は、本命サイドにドンと賭けることをお勧めする。(ダービー当日の朝記す)


posted by ギャンブラー at 20:01| Comment(2) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギャンブラーさんの予想はどうだったのかな〜と覗きに来てみれば、サトノルークスで「うっ」と傷をえぐられました。まさかリオンリオンより下位とは思いませんでしたよね・・・
Posted by rensui at 2019年05月26日 16:03
蓮翠さん。
見ていてちっともドキドキしないダービーでした(笑)。サートゥルナーリアが待機場で突然発狂したようになるとは、誰も予想できなかったでしょう。あの時点で、しめしめと思っていたのですが(笑)。勝ち馬はさすがに買えません。
Posted by ギャンブラー at 2019年05月26日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。