2019年12月22日

思い違い


先日、人生初のメガネを新調した。唯一の本格的な趣味である読書をするときの不都合が無視できないほど大きくなったためである。

メガネをつくってみて、自分が長らくメガネというものを誤解していることに気がついた。メガネをかければ、人生が一変するほど視界がクリアになると思い込んでいたのである。ところが、小さい文字を読むのに不都合はなくなったが、遠くの景色がぼんやりとしか見えなくなった。

よく考えれば当たり前のことで、メガネというのは眼の焦点をレンズで矯正するものであるから、近くと遠くの両方を同時に見えるようにすることは不可能である。そのために遠近両用レンズがあることは知っていたが、視界が歪むなど、船酔いする人には不向きと店員に言われて諦めた。

しかしなぁ、AIがどうの自動翻訳機がこうのと言われているこの時代、焦点を自在に調節できるメガネが存在しないというのはいかがなものか。そんなことをぶつぶつ言いながらも、こと読書に関しては格段に便利になり、この年末年始は心ゆくまで読書をしようと、電子ブックをしこたま購入した。

メガネをつくったもう一つの効用は、競馬新聞が見やすくなったことである。競馬新聞の馬柱には、これでもかと言うほど小さな文字がぎっしりと詰め込まれており、拡大鏡を使わないと読めたものではない。しかし、メガネをかけると問題なく見える。「これで壊滅状態にある馬券も当たるようになるぞ」と、期待は膨らむばかりである。

時あたかも有馬記念である。これまでの負けを一気に取り戻し、メガネ代を補ってもお釣りがくるほど儲けなければならない。とまあ、いつもの失敗に懲りず、穴候補を鵜の目鷹の目で探している。

◎は、ヴェロックス。3歳馬では皐月賞馬や菊花賞馬とほとんど差のない能力の持ち主。人気のない分、川田も思い切った騎乗をしてくれるだろう。外枠に入った不利はあえて無視する。
◯は、アーモンドアイで仕方がない。これが大本線。
△は、気性に不安はあるものの能力はピカイチのサートゥルナーリア、最近本格化著しいリスグラシュー、池添が虎視眈々と牙を研いでいるフィエールマン。あと1頭、大穴としてアルアイン。これがくれば家が建つ。

私なりの危険な人気馬は、ワールドプレミアとスワーヴリチャード、そしてレイデオロ。前2頭の前走はうまくいき過ぎ。2回続けてベストの競馬ができるとは思えない。後者は、地力は認めるものの旬を過ぎた感。ま、いつものように私の裏馬券を買っておけば当たる可能性は大である。

posted by ギャンブラー at 11:53| Comment(6) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パドックでもよく見えたヴェロックス・・・
アーモンドアイは直線最後でばったり止まりましたね。馬場?血統?体調?どれもドンピシャじゃないのが重なったから?
何はともあれ、よいお年をお過ごしください。来年もよろしくお願いします。
Posted by rensui at 2019年12月22日 16:21
蓮翠さん。
アーモンドアイのことより、リスグラシューの強さには度肝を抜かれました。あのメンツ相手に大差勝ちとは。1年前とは別馬で、なんなんすかねぇ。
で、アーモンドアイですが、陣営も「え?」という感じなんでしょうね。敢えて言えば、距離でしょうね。それと、セクハラと言われそうですが、やはり彼女も女の子だったということでしょう。
ヴェロックスにはがっかり。パドックでは光り輝いていて、「よし、もらった」と思ったんですけどね(笑)。

最近は皆さんブログが低調で、淋しい限りですが、これからも細々と続けていくつもりです。蓮翠さんもなるべく更新お願いしまっす。
Posted by ギャンブラー at 2019年12月22日 16:41
こんにちわ。ブログ低調メンバーの一人です(苦笑)
年が明けてから少し目に違和感があって眼鏡生活です。コンタクトレンズよりも弱い矯正になるため「遠くの景色がぼんやり」生活です。
私はまだド近眼一本なのでそれはないですが母は「細かい仕事の眼鏡」「歩ける眼鏡」など各種使い分けています。確かに競馬新聞の柱の中の情報を詰め込んだ文字数字は細かいですね!
Posted by たま@ at 2020年01月18日 13:20
たま@さん、今年もよろしくお願いします。

一度メガネをつけてしまうと、もう手放せなくなりますね。でも、競馬は相変わらずカスリもしません。昨年末に大井競馬に出撃したときは、前日に仕事が入ってしまってほとんど予想しないまま馬券を買ったのですが、そこそこ当たって1万円ほど浮きました。ということは・・・。

たま@さんの直近の記事にコメントを入れようとしていたところので、ちょうど良かった。この場を借りてコメントします。
「レームダック」のことを私は「冷えてまずくなったアヒル料理」と読んだ記憶があったのですが、どうも勘違いのようです。これから明日の競馬の予想をしますが、レームダック=死に体にならないようせいぜい頑張ります。いや、すでに死に体になっているか。

ブログが全般的に低調なのは、もう仕方ありません。たま@さんだけを頼りに、これからもなんとか続けていきます。見捨てないで下さい(笑)。

Posted by ギャンブラー at 2020年01月18日 16:14
「冷えてまずくなったアヒル料理」もレームダックという可能性はあるのじゃないでしょうか。カモもアヒルも水鳥はたいていダックなのかしら。あれ?でもガチョウはグースですよね。深みにはまるのでこのへんで。

年明けから流入している本をぼつぼつやっつけています。久々にコンタクトレンズに復帰しましたが手元の本を読むには不自由ありませんでした!

Posted by たま@ at 2020年01月21日 13:43
たま@さん。
最近読んだ本では、『テーラー伊三郎』がとても面白かったです。ぜひご一読を。
Posted by ギャンブラー at 2020年01月21日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。