2020年05月30日

言葉の虐殺

ある新聞が、アベさんは空虚な答弁を性懲りもなく続けたことで言葉を虐殺し、今その逆襲を受けていると評していた。最近の新聞記事は官報の垂れ流しでロクなものがないと思っている私にとって、久々に読み応えのある記事であった。

「全ての責任は私にある」「躊躇なくやり抜く」「積極果敢に取り組む」「スピード感を持って着手する」というさんざん聞き飽きた、実行を伴わない空虚な常套句をはじめ、最近の会見では「空前絶後の経済対策」「新型コロナを克服した日本モデル」など、何の根拠もない言葉を乱発している。あの会見を聞いて「そうか、そうだよな。何やかや言っても日本人ってすごいな」と感じ入った人がいたとしたら、よほどおめでたい人だと言わざるを得ない。

例えばアベさんが胸を張る「日本モデル」。そもそも我が国は、こんな言葉を使えるほど新型コロナに対してうまく対処したのだろうか。発熱しても4日間以上放置され、それでも検査を受けられなかったり、診療拒否をされる国。少し負荷がかかっただけで機能麻痺に陥る貧弱な保健所や医療機関。防疫の基本である防護服や高機能マスクがすぐ底をついて医療従事者がパニックに陥る国。このIT時代に役所の多くが未だにFAXに頼っている国。これらのどこが誇れるのか。

「日本モデル」の根拠となっている、外国に比べて圧倒的に少ない感染者数と死亡者数も同じだ。そもそも検査をしていないのだから感染者数が少ないのは当然として、10万人あたりの死者数も、欧米諸国に比べれば確かに少ないが、東アジアおよび東南アジア各国と比べれば、決して少なくはない。むしろかなり多いと言ってもいいレベルだ。私は、厚労省や都が毎日発表している新規感染者数には全く興味はないが、死亡者数には気をつけている。それを見ると、毎日かなりの数の人が新型コロナで亡くなっている。つい1ヵ月前まで500名前後だったのが、あっという間に900名に近づき、もうすぐ1000の大台に乗るだろう。決して安閑としていられる状況ではないのである。
また、死者が少ないのは、日本人の清潔好きと高い公共心、そして高度な医療体制によるものだという論調が世間に流布しているが、私は全くそうは思わない。日本より衛生状態が悪く、医療体制も日本ほど高くないのに日本より死者が少ないアジアの国はある。だから、清潔さや医療レベルの高さだけが死者数を抑えている理由とはいえない。アジア・オセアニアで死者数が少ない理由については、今のところ専門家も首をひねっている状態で、少なくとも「日本モデル」とやらが理由でないことは明らかだ。

こんなことを言うと、「なぜそんなに自虐的なものの見方をするのか」という人が必ず現われる。何も自虐的に見ているわけではなく、私が見ているのは「ファクト=事実」である。不誠実でアテにならない政治家の言葉、それを垂れ流すマスコミに惑わされず、信じるのはファクトだけ。それしか身を守る術はない。「言霊の国」に住む者としては、淋しい限りではあるが。


続きを読む
posted by ギャンブラー at 16:53| Comment(4) | 口は災いのもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする