2020年05月04日

自家製


新型コロナウイルスをめぐる政府の対応については、言いたいことがたくさんある。そこをグッとこらえて、自家製ベーコンづくりに励む今年のゴールデンウイークである。

本来ベーコンは、豚肉をソミュール液という塩水に1週間ほど漬け、その後1〜2日かけて塩抜きし、さらに1日かけて乾燥させ、ようやく燻製・・・というように、実に手間のかかる料理である。さすがにそんな悠長なことはやっていられないので、ソミュール液に漬けるかわり、肉に塩をまぶして浸透圧で旨味を凝縮する方法をとることにした。それでも1週間ほどかかるのだが。

約1キロの豚三枚肉を買ってきて、フォークでぶすぶすと穴を開ける。そこに粗塩とコショウを揉み込み、キッチンペーパーでくるむ。さらにそれをラップで包み、冷蔵庫で4日ほど寝かす。この間に塩が肉の内部に入り込み、余分な肉汁はキッチンペーパーに吸着する。こうなると肉は腐敗せず、ピンク色のままだ。
その後、肉を取り出して表面を水でよく洗って塩を落とす。こうしないと塩っぱすぎて食べられないのである。それをまたキッチンペーパーにくるみ、冷蔵庫で2日ほど寝かす。これは肉についた水分をとるためで、冬ならベランダで1日陰干しすればいいだろう。そしてようやく、燻製器で1〜2時間燻す。今回は桜のチップを使った。

自家製ベーコン.jpg

ベーコンエッグ.jpg

ベーコンエッグにして食べてみると、香ばしく焦げた木の匂いが鼻腔に充満し、肉は適度に脂が乗ってジューシーである。実にうまい。パンに挟んだり、チャーハンの具にしたり、野菜炒めに使ったりと、使い道はいろいろありそうだ。

この肉を食らって、想定外の世を渋太く生き抜いていこう。

posted by ギャンブラー at 19:06| Comment(2) | 男子厨房に入る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする